台湾に行ってきました! – 意外と違った本当の台湾

2月の14日より、CUBE社員4人で台湾(台北)へ行ってきました!

私は旅行の際、いろいろと下調べしていく派なのですが(予定を立てる為というよりは好奇心で)、
台湾は意外に、事前に調べた情報との違いがありました。

 

SIMカードはコンビニに売ってない

しょっぱなマニアックな話題なのですが、
海外でGoogleMAPが使えないとまあまあつらいので、SIMフリーの携帯を持っていきました。
現地でSIMカードを入れれば、日本と同じようにネットが使えますし、なんなら通話もできます(番号は変わりますが)

空港をさっさと後にしてしまったため、SIMカードを描いそびれたのですが、
「台湾 SIMカード」で検索すると、「コンビニで普通に買えるよー」という記事が多数でてきました。

自分達の宿泊地は台北駅そばだったので、そこのコンビニなら間違いなく取り扱っているだろう…と思ったのですが、

5件回って全滅…

ファミリーマートもセブンイレブンも、店員さんに「アリマセン」と言われました…
あるところはあるのでしょうが、コンビニならどこでも手に入る!、とは思わないほうが良いです。

ちなみに現地の方に聞いたところ、キャリアショップなら手に入るとのことだったので、2日目に「中華電信」のショップで無事SIMカードをゲットしました。
お値段は3日で300台湾ドル(1000円ちょっと)
wifiが豊富にあるとはいえ、現地語で手続きを求められることも多く、SIMカードを買ったほうがいろいろと便利です。

なおdocomo、softbank、AUの方は、予めSIMロックを解除しないと使えませんので、日本のキャリアショップで「SIMロック解除して下さい」と言ってください。

 

 

臭豆腐は”おいしいところ”で食べないと後悔する

到着した最初の日、
まずは現地の人たちが食べている物にチャレンジしてみよう、と思い、皆で「士林夜市」に行きました。
寺院のそばを取り囲むように大量の出店がある「士林夜市」は、歩くのも大変なぐらい人が居て、かなり賑やかでした。

しばらく屋台を見物したあと、地下の食堂へ。
席を見つけるのが難しいほど賑わっている食堂。ここならきっと現地の方が美味しく食べている料理を、いただくことができるでしょう!

注文したのは、いかにも現地っぽい料理。
その中でも特異なのは、屋台で強い匂いを放っていた「臭豆腐」!

発酵食品なので、初心者向けじゃないのでしょうが、自分は割と好き嫌いなく召し上がれる味覚の持ち主(辛いもの除く)。
いざ!台湾ソウルフードに挑戦!

ォ”……ォォォェ…………

噛もうとした瞬間、口に広がる拒絶感
全力で押し戻そうとする食道
脳みそが”絶対に食べてはいけない物”という警告を全力で発しはじめました。

本当、食べ物をこんな例えにするのは申し訳ないのですが、
”吐瀉物に酸味を付けたような”としか表現できない味。

実際には吐き出さずその一口をなんとか飲み込んだのですが、「お金貰ってももう一口食べるのはゴメンだ」というぐらい異常な味です……

と、そのまま帰国していたら、「臭豆腐は食べないほうが良い」という結論で終わっていたのですが、
現地の方に聞いたところ「ちゃんとしたところで食べると美味しい」とのことだったので、翌日の昼食でリベンジ
向かったのはタクシーで20分ぐらいの「深坑大樹下豆腐三吃」(なんて読むかはしりません)


「おいしい!!!」

確かに同じ香りがついた、おそらく調理法も同じと思われる臭豆腐なのですが、
こちらは普通に美味しい……ちゃんと臭みを活かした形の料理でした。

同じ臭豆腐でも、食べる場所によって180度感想が違いました。
ぜひ料理を楽しみたい方は”美味しいところ”で臭豆腐を食べて下さい。

 

 

九份は正直行かなくていい

台湾の観光箇所で、筆頭に上がったのが「九份」でした。
「九份」と言えば、あの「千と千尋の神隠し」のモデルになったという観光地。
検索するとこんな写真が出てきて、とても雰囲気の良さそうなところに見えます!

いざ、タクシーをチャーターして(約1万円)(片道1時間)九份へ出発!

想像の九份
・写真みたいな町並みが、延々と広がっている異世界
・台湾の伝統や風土を楽しめる施設がたくさんあり、フォトジェニックなスポットにあふれている

実際の九份
・九份入口は幅3メートルぐらいの狭い道。そこにひたすら出店が並んでいる。・
・夕方頃いくと普通に歩けないぐらいの人・人・人
・道は急な坂道。しかも高確率で雨が降っている。スニーカーでもちょっときつい。傘でやたらと顔を突かれる
・人を必死にかき分けて、「写真の九份」みたいな場所が出てくるのかと思いきや、
「写真の九份」みたいな場所が見られるのは、階段の途中一箇所だけ!
・その一箇所にいく看板がない。お店の人に場所を聞くもやや冷たい
・みんなそのスポットを目指しているので、写真を取るのも大変
・撮った瞬間、露天をみるぐらいしかやることはないので、即帰りました…

もちろん誤解のないように言うと、九份は周りにも見る場所がいろいろあるようなので、
・綿密な計画を建てて
・よく現地をしる人のガイド付きで
・1日かけて廻る
のならいいのかもしれませんが、

ただちょっと千と千尋気分を味わいたいから、、という理由で行くところではありません……

ちなみに他の観光スポットで言うと、「故宮博物館」「中正紀念堂」はとてもおもしろかったです。

 

でも楽しかった……

若干否定的なことも書きましたが、それも含めて旅だと思っているので、個人的にはとてもおすすめできる最高の国です。台湾。

とても満喫しましたが、まだまだほんの一部しか知ることが出来ていないという気もするので、また行きたいと思います。