2016年注目の製品・サービス

一般受けする記事を…とおもったのですが、よく考えたらCUBEでオタクなの自分だけだ!と思ったので、今年も遠慮無く書いていきます!

さてみなさん、
Oculus Riftが発売になりましたよ!!

oculus

以前の記事でも書きましたが、Oculus Riftとは視界すべてを覆い尽くすことができる=仮想空間を体験できるゴーグル型のモニタです)

しかし価格が8万3800円(◞‸◟)
送料含めると(海外発送)10万近い(◞‸◟)そして初期出荷分は売り切れたので、今申し込んでも来るのは5月(◞‸◟)
しかも特殊な機械(ハイエンドグラフィックボード)をパソコンに取り付けないといけないので、その代金が4万円以上(◞‸◟)

レビューするので誰か買ってください…

 

割りと本気で正しく翻訳してくれる翻訳機… ili

お値段:未定  発売時期:

皆さん「機械翻訳」というとどんなイメージが浮かぶでしょうか。
割りと正確と噂されているGoogle翻訳ですら、かなり違和感を抱かせる翻訳になっているのではないでしょうか。

しかし最近発表されたili(イリー)は違います。

動画を観ていただくとわかるのですが、普通に違和感なく翻訳しています。

真面目に翻訳こんにゃくです。

しかもこのili、すごいのが

・ネット環境必要なし(ジャングルでも使えます!)

・ただボタンを押すだけの簡単操作

・日本語、英語、中国語に対応(2016年1月現在)
いずれはフランス語、タイ語、韓国語、スペイン語、イタリア後、アラビア語に対応予定

 

割りと本気で英語勉強する気が失せました…

動画はまだ英語→日本語の動画しかありませんが、
マスターするのに4年はかかる と言われている中国語も同じ精度で翻訳が可能なら、かなりいろいろなハードルが低くなるのではないでしょうか。

強いて問題をあげるなら、動画の男性が気に入らない

 

 

魔法のじゅうたんが実現!ArcaBoard

http://www.arcaspace.com/en/arcaboard.htm

僕がまだ小さい頃、
10年後の車は浮いてたり、チューブの中を高速で走ったりしているはず!と思っていましたが、残念ながら実現してはいません。

しかし浮くことはできるようです。動画を観ていただくと分かる通り、男性の載ったボードが30cm近く浮いています。

……正直何個もファンをつけたボードで浮くというのは、なんかイメージとは違ったのですが、
しかしこれに推進装置をつけたり、脚を固定して姿勢制御で運転したりできるようになったら面白いかもしれません。

個人的な理想のイメージはLEXUSのホバーボード(実験品)が一番スタイリッシュで格好いいと思います。
もちろんLEXUSのホバーボードは決められたコースを極限まで冷却したボードで走るので、比べるのは間違いなのですが…

ちなみにお値段:19900ドル(およそ235万円) 春頃発売予定です

 

 

Amazonで注文→ドローンが30分でお届け

さて、製品とは違うのですが、個人的に気になるサービスを。

アメリカアマゾンの「Prime Air」という、リリース予定のサービスがあります。

アマゾンで注文する際、追加料金を払うことで、ドローンが30分以内に配達してくれる というものです。

宅配ピザより早い( ゚д゚)

日本でこのサービスを始めるためには、ドローンの法整備や着陸場所の確保等問題も多いでしょうが、
「買いに行くより早く手に入る」というのは、小売業界に革命を起こしそうです。

 

ところで分かる人にだけわかるネタなのですが、
↑のAmazonの動画でしゃべっているのは、元Topgear司会者、ジェレミー・クラークソン。
Topgear(世界的に有名な車番組です)の司会を降板した後、Amazonに巨額のギャラで雇われたのはご存知でしょうか。

彼のAmazon版車番組も、今年Amazon上で放映される予定ですね。

Amazonなら予算も使い放題だとおもうので、かなり破天荒なことをしてくれそうな気がします。こちらも個人的には楽しみです。