もうTilt Brushは買わなくていい…無料で使えるVR用お絵かきツール「A-Painter」

(以下の記事はHTCViveを持っていることが前提になります)

HTCViveを公式から購入された方には、おそらく「Tilt Brush」というGoogle製の3Dお絵かきソフトが入っていたかと思いますが、残念ながらTSUKUMO、ドスパラ等、日本の代理店で購入された方には、残念ながらこの素晴らしいソフトがついてきません。

私達も代理店を通して購入して、全部のHTCViveに付属するものと思っていたので大変がっかりした挙句、社長におねだりして買ってもらったのですが…

この度Firefoxの生みの親Mozzilaが、なんとTilt Brushそっくりのお絵かきツールを、無料で使えるよう作ってくれました!!(怒られないのかなあ…)

しかもブラウザでアドレスを開くだけという画期的仕様…
……ホームページ製作会社としては、「WEBの進歩早すぎない…?3段飛ばしぐらいしてない…?」と焦ります…

現時点ではちょっとだけ下準備が必要ですが、大丈夫、とても簡単です。

 

A-Painterのプレイ方法

HTCViveとSteamVRはインストールされてる前提として…

動作にはWebVRに対応したブラウザが必要になります。

1.こちらのサイトから配布されている、WebVR対応クロミニウム(こっからダウンロード)をインストール、解凍してください。(普通のGoogleChrome、Firefoxはまだ対応していません…将来的には対応すると思いますが)

2.中に入っている「chrome.exe」を起動します。
その後アドレスバーに「chrome://flags#enable-webvr」と打ち込んで下さい。

 

3.設定画面が開いて、丁度WebVRの機能のところに飛んでいるかと思いますので、
「有効にする」をクリック。
下で再起動するかどうかを聞かれますがまだ押さないで

 

4.次に「chrome://flags#enable-gamepad-extensions」とアドレスバーに入力して、
こちらは「有効」に変更
そして下に出てきた「今すぐ再起動」をクリック

5.おそらく再起動した時点でSteamVRが立ち上がると思いますが、
そのままA-Painter「https://aframe.io/a-painter/」を起動して、右下のゴーグルマークをクリック。

これでHTCViveでVRお絵かきができます!

 

このWebサイト…すごすぎない?

Tilt Brushほどの機能はありませんが、基本機能はだいたい網羅しています。

そして何より素晴らしいのが、アドレス1つでシェアできること!!

https://aframe.io/a-painter/?url=https%3A%2F%2Fucarecdn.com%2F24586cf0-19cf-46e0-ad16-bfbc92fe1cd2%2F

閲覧するだけならVR機器を持っていない人でも出来るので、自分の描いた作品を多くの人に見てもらうことができます!
A-Painterの作品投稿サイトや、VR画家の人等も近いうち出てくるのではないでしょうか。

個人的には、ブラウザでここまでのVRシステムが作れることに、強い衝撃を受けました。
VRで何かをする場合、やはりインストール作業がユーザーにとって負担になります。

例えばVRのネットショップを作っても、長時間のインストールが必要なら、来てくれる人は格段に少なくなってしまいます。

その点WEBは敷居が圧倒的に低いです。
アドレスを入力するだけ、なんなら、リンクをクリックするだけでVRを楽しむことができるなら、これ以上簡単なものはありません。

現状では対応ブラウザをインストールする必要がありましたが、いずれFireFoxやGoogleChromeは、デフォルトでWebVRに対応していくようです。

私達Web制作会社も、どんどんVR・ARのコンテンツを作っていくことになるでしょう。
VRにより変化するWEBの世界をご期待ください!