ホームページは必要?企業オーナーなら一度は考えるホームページの必要性について徹底分析。

blog_abc12425

経営者なら一度は考えたことがあること、「ホームページって本当に必要なのか?」
今回はホームページの必要性について解説していきましょう。

 

 

そもそもホームページって何をしてくれるもの?

 

簡単に言えば、アクセスしたユーザーさんに様々な情報を提供するものですね。
逆に経営者さんにとっては「うちの会社はこうですよ!こんな場所にオフィスがあります!おすすめの商品はこれなんです!」等と情報を伝える手段の一部となります。口頭で宣伝を行っていた人にとっては喉が枯れなくて済むかもしれませんし、チラシをバラまいていた人にとっては印刷代と配る人の人件費を抑えることが出来るかもしれませんね。また、定期的にダイレクトメールを投函していた部分をホームページ上でメルマガ会員という形で配信を行うことで経費削減になりえます。

 

ネットが存在しない時代はどうやって宣伝してたの?

 

では、インターネットが普及していない時代はどうやって広告活動をしていたのか。
主に考えられるのは「紙媒体」「メディア広告」でしょう。
または、もっと昔、TVも無く紙が貴重だった時代は「口頭」での宣伝、つまり「口コミ」のチカラが大きな影響を及ぼしていたかもしれません。

 

じゃあ、いつも観るし広告はTVCMや雑誌で良くない?

 

こう考える人も少なくありません。確かに雑誌やメディアのチカラは凄まじいパワーがありますし、一度に多くの人に見てもらえてメッセージを伝える事が出来る大変便利なものです。しかし、撮影機材、企画、スタッフ等、魅力あるものにしようとすればするほど、製作費は莫大な予算が必要になります。タレントやモデルを起用する場合はコレの比じゃないでしょう。また、人気番組の広告枠を抑えるだけでも相当なお金が動く場合があります。つまり、大手企業やメーカーは広告に対してある程度予算が組まれている場合が多いですが、中小企業はとてもじゃありませんが、TVCMなんて考えられません。

そこで、コストを最小限に抑え、且つ効果のあるホームページが選ばれるのです。

 

貴方のホームページは確実に見られている!?

 

企業間取引を行う際に、相手は必ずと言って良いほど貴方のホームページを閲覧します。貴方も取引相手のホームページを一度は閲覧するでしょう。仮にホームページが無い場合、貴方の会社の存在すら知ってもらう機会を失ってしまう可能性があります。また、口コミや紹介等で貴方の事を認知したけれど、ホームページが無いという理由だけで貴方の会社は取引先候補から外されてしまう可能性だって大いにあるのです。
もちろん、企業間取引だけにこの話はとどまらず、大手ポータルサイトや口コミサイトから貴方の会社を知った一般の方、この方も一度は貴方のホームページがどんなものか探そうとする可能性は非常に高いと言えます。この流れはスマホの普及に伴い年々増加傾向にあるので結論から言えば「ホームページはあったほうが良い」となるでしょう。

 

ホームページを味方につけること

 

ホームページはただ作れば良いのか?そうではありません。ホームページを作ったは良いけれど、まったく活用出来ていない企業がまだまだ沢山存在します。デザインが古臭かったり、極端に使いにくかったり、リンク切れやスマホ非対応、工事中等々、直接的な理由や複合的な理由で「ダメなホームページ」になってしまわないことが重要です。ターゲットの選定から、デザイン、企画、構成まで考え、ターゲットに対して何かしらの効果を発揮して初めてホームページと呼べるのです。重要なのは簡単に原稿資料だけクライアント様から頂いて、単調にはめ込むテンプレート型のホームページではなく、本当に価値のあるホームページを作る姿勢をもった制作会社を選ぶ事です。ホームページは魔法のように簡単に作れません、魔法のように作ってしまうと、それはホームページとは到底呼べない代物となってしまい、効果が見込めないただ、そこにある看板に成り下がってしまいます。

 

ホームページは自由自在、カメレオンのように七変化

 

ホームページの面白みや可能性の部分で言えば、自由自在に色んな局面に対応、変化できることが魅力の一つです。株式会社CUBEでは、ホームページ制作にあたって何が今必要か、どのようにすればもっと効果を見込むことが出来るのかを考えます。

例えば・・・・

 

Q.お客様に情報を配信したい

A.【ブログ機能】

クライアント様主導でダイレクトに情報を発信することが可能

 

Q.取引先の方だけに見せたい部分がある

A.【閲覧制限】

一般閲覧禁止のページを作成し、顧客の方だけに発行したパスワードで閲覧可能

 

Q.集客の足掛かりがほしい

A.【SNS連動】

ツイッターやフェイスブック等、極一般的に知れ渡っているツールとうまく連動させファンを獲得、お客様が広告塔になって下さる可能性が高まります

 

Q.電話注文が殺到している

A.【ショッピングカート】

欲しいと思ったものをお客様主導でそのままホームページから購入可能

 

Q.予約をスムーズに

A.【予約申請フォーム】

お客様主導で時刻や人数などを記載して予約、美容室や居酒屋等で幅広いニーズがあります

 

Q.会員様を一括管理したい

A.【会員管理機能】

登録機能はもちろん、会員様の情報を一括管理します

 

Q.会員様にキャンペーンメールを送りたい

【メルマガ配信】

会員登録頂いたお客様に一括送信を行います

 

言い出せばきりがないのでこの辺で。

このようにクライアント様やお客様の様々なニーズに対応できるのがホームページの大きな魅力です。

 

 

 

結論・・・ホームページは必要

 

この時代にホームページを持たないという選択肢は、よっぽどの理由が無い限りはデメリットばかりが多すぎます。このデメリット部分は今後のさらなるスマホ普及が拍車をかけます。そして、一般ユーザーや取引先の方がホームページを持たないという選択肢のを行った貴方を「知るきっかけが無い」という状態になります。注意すべき点は「ただ作れば良いという訳ではないこと」をしっかりと念頭に入れてホームページ制作を検討されてください。

極端な例を言えば、単純に我々、株式会社CUBEは熊本県でホームページを作る会社です。

その株式会社CUBEにホームページが無かったら誰も見向きもしれくれませんよね?