あなたのしらない
SEO
本当・ウソ

検索エンジンを正しく理解しましょう

1.内容に力を入れなくても、SEOしてもらえば検索順位は上がる! → 間違いです

そもそもSEOとはなんでしょうか。SEOとは日本語訳すると「検索エンジン最適化」というワードになります。
言うなれば「Googleが検索順位を上げてくれるよう、ホームページを最適化する」、という意味になります。
しかし、もし対策したページだけが上に来るような検索サイトが会ったとしたら、検索順位は内容の充実よりも、どれだけSEOするかの争いになります。
しっかり情報のまとまった公式サイトより、個人の作った適当なページが上に来るかもしれません。
そのような検索サイトは、かなり使い勝手が悪いことになる、と思いませんか?

Googleの基本方針を理解しよう。

  • 検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。
  • ユーザーをだますようなことをしない。
  • 検索エンジンでの掲載位置を上げるための不正行為をしない。ランクを競っているサイトや Google 社員に対して自分が行った対策を説明するときに、やましい点がないかどうかが判断の目安です。その他にも、ユーザーにとって役立つかどうか、検索エンジンがなくても同じことをするかどうか、などのポイントを確認してみてください。
  • どうすれば自分のウェブサイトが独自性や、価値、魅力のあるサイトと言えるようになるかを考えてみる。同分野の他のサイトとの差別化を図ります。

大切なのは「Googleの基本方針にマッチしたサイトを作る」こと。すなわち、「ユーザーの利便性を最優先にしたサイトを作る」こと。これこそが本当の「検索エンジン最適化」です。

2.キーワードタグによって検索順位があがる! → 間違いです

ホームページはHTMLというプログラミング言語でできていますが、その内部には「metaタグ」という、検索エンジン向けの記述があります。
そのメタタグの一種に、keywordsという名前のタグがあるのですが、SEOでお金を取っている会社に依頼すると、時に「キーワード選定」という料金がかかります。

例)meta name="Keywords" content="ホームページ制作,WEB制作,ウェブサイト制作"

しかし結論から言えば、Googleはこのキーワードタグを一切サポートしていません。
(ついでに言うとbingもサポートしていません)
なぜなら、一般の人が目に見える情報で判断しなければ、誤った情報を出してしまうかもしれないからです。

もしこのキーワードタグの選定にお金を払っているなら、今すぐ停止してください。

3.とにかく被リンクを増やしたほうがいい → 一部間違いです。

かつて成果のあった方法として、「被リンクを増やす」という対策がありました。
Googleがホームページの価値を推し量るにあたり、重要な指数としていたのです。
しかしながら、無数のブログを作って被リンクを増やす、相互リンクを繋ぐことで相乗効果を狙う…等、「検索順位を上げるための行為」が横行してしまいました。

もちろん、被リンク自体が全て意味のないもの、という訳ではありません。
現在のGoogleも、「人が広める意図を持って貼ったリンク」については、しっかりとプラスの評価を行ってくれます。
しかし、前述したような「検索順位を上げるための被リンク」は、加点にならないばかりか、マイナスの評価がついてしまう場合もあります。

ですから、「人々が共有したくなるようなコンテンツを作る」ことは大いに評価されますが、「故意に共有を作り上げて検索結果をあげる」ようなことは、かえって悪影響を及ぼすことを理解しましょう。

4.読み込みの早いページは検索順位が上がる! → 本当です

ページの読み込み速度についても、Googleは評価しています。
なぜなら「読み込みの遅いコンテンツ」は見る人にストレスを抱かせるからです。
そのためCUBEでは、画像を掲載するときには少しでも軽くなるよう、色を減らしたり、形式を工夫したりといった対策を行っています。

しかしもちろん軽いからといって、画像をなくしたコンテンツや、極限まで情報を切り詰めたコンテンツ、が評価される訳ではありません。あくまで指数の一つでしかありません。

また、2020年以降には5Gという高速ネット通信が始まります。4K動画を一瞬でダウンロードできるこの通信が主流になった際には、コンテンツの重さ等はあまり考慮しなくていい要素になるでしょう。

5.SSL(情報暗号化)を通していると検索順位が上がる! → 本当です

6.検索順位はスマートフォン閲覧時を想定して決定されている → 本当です

検索順位を決める際、Googleもページを閲覧しています。
しかしながら、ページの利便性を図るためには、一般のユーザーと同じ目線で見なければいけません。
その際Googleが閲覧するのは「スマートフォン向けサイト」です。
現在の多くの人はパソコンではなくスマホで閲覧するわけですから、その基準は正しいと言えます。

注意しなければ行けないのは、スマートフォンとパソコン版のサイトが別れている場合です。
スマートフォンで一部のコンテンツが省略されていたり、簡易的なスマートフォンページを作っただけ、という場合には、正しくGoogleにコンテンツが認識されいない可能性があります。
CUBEでは、レスポンシブデザインにより、パソコン版とスマートフォン版で、同じコンテンツを見やすい形で閲覧できるよう制作しています。

7.検索順位はスマートフォン閲覧時を想定して決定されている → 本当です

実は、Googleが検索基準を決める指針の中に「更新頻度」はありません。
例えば同じ内容を更新するとして、一度に出してしまうのと、3週に分けて出すのでは、特に検索順位の差はありません。
内容の薄い記事を毎日投稿するよりも、週に一度、質の高いコンテンツを出すほうが検索順位は結果的に上昇するでしょう。

しかし、「鮮度の高い情報」についてはGoogleも価値を認めています。
もし最新の正確な情報をいち早く掲載できるならば、それは頻繁に更新することに意味があります。
なので間接的に、高い更新頻度が検索順位を上昇させることはありえると言えます。

CUBEなら検索順位上位を狙えます

拡張性の高いホームページ制作や、
コンテンツのマネジメントが可能です。

検索エンジンで上を目指すことは、小手先の技術でできるものではありません。
なぜならそれらのテクニックは、検索エンジンの望まないものだからです。
もしそのような裏をかく時間やコストがあるのなら、そのまま広告につぎ込むか、コンテンツを充実したほうが良い結果を産むでしょう。

CUBEは「WIN✕WIN✕WIN」というコンセプトを掲げてホームページを制作しています。
これはクライアントとエンドユーザー(閲覧者)と弊社、全てに対してメリットあるコンテンツ作りを行うという指針です。
エンドユーザーに有益なホームページを作るなら、検索順位は自然とついてきます。
制作段階からどのようにコンテンツを広げていけるか計画させていただき、エンドユーザーに有益な情報を発信し続けられるようなホームページをCUBEはご提案します。

まずはご相談下さい

「とりあえず今のホームページをどうにかしたい」、「ホームページで何が出来るの?」等、漠然としたお問い合わせでも構いません。
WEBのプロの目線から、私たちにできることをご提案します。ぜひ一度お問い合わせ下さい。

お電話でのご相談

096-312-5211 月曜~金曜 9:00~18:00

メールでのご相談