SEOにお金を掛ける前に、必ず知っておいてほしい”本当は怖いSEO”


glaf

ホームページを持っておられる事業者の方や、WEB担当の方は、日々いかにお客さんをホームページに呼びこむか、頭を悩ませているかと思います。
せっかくお金をかけて作り、維持しているホームページ。掛けたコスト見合うだけの集客が欲しいですよね。
そういった方は、「SEOやりませんか」という営業の電話が掛かってきたことが一度や二度ならずあるかと思います。
でも、「SEOをやる」って、一体どういうことをするのかご存じですか?
実はたくさんお金を払ってSEO業者に頼んでも、

かえってあなたのホームページを台無しにしてしまう可能性
もあるんです。

 

ほとんどの人が考えるSEOは、かえってホームページを台無しにする

まずSEOとはなんでしょうか。
SEOとは、「Search Engine Optimization」 の略で、「検索エンジン最適化」と訳するのが一番正しいかと思います。
つまりあなたのホームページを、Google等の検索システムに対して、「価値の高い物」とする、これがSEOの定義です。
しばらく前までは、SEO業者の所有する大量のBLOGや、ホームページからリンクを貼って、
「こんなに大量のリンクが貼られるページは、とても価値が高いものだから、多くの人に見てもらうべきだ!」と検索システムにアピールするのがSEOのやり方でした。多くの人がイメージする”SEO”もこれかと思います。
確かにその当時の検索システムでは、どれだけリンクの数があるかでページの評価を決めていたので、その方法は効果がありました。
しかし、Google等の”検索システム”からしてみれば、それは面白くありません。
”本当に内容のある価値の高いページ”が、検索で下の方に表示され、

”下の方に表示されていたから、お金を払ってリンクを貼ってもらったあまり内容のないホームページ”が上の方に表示されるようになってしまったのです。これでは「探したい人に価値の高い情報を提供する」検索システムの本分を外れて、単なる広告見本市になってしまっています。

それならばと、現在検索システムは対策をしました。

「お金を払ったとしか思えないぐらい、一瞬でリンクをたくさん貼られたページ」は、思いっきり評価を下げてしまおう。

悲鳴を上げたのは、リンクを貼ることで儲かっていたSEO業者と、お金を払ってリンクを買った事業主の方たちです。
”検索順位を上げるために行っていた施策”は、全て”検索順位の下がる施策”となってしまいました。
中にはリンクを貼る数を微妙に調整して、うまく検索順位を上げているようなSEO業者もいますし、1位になった!と喜んでお金を払い続けるユーザー様もいらっしゃいます。
しかし、”正しくないSEO”である以上、いつ検索システムから評価が下げられるかわかりません。
しかも恐ろしいことに、このペナルティで下がってしまった検索順位はなかなか回復しません。
”SEOをする”というのは、実はこんなに危険なことだったんです。

じゃあ本当に効果のあるSEOは?  検索システムに聞きましょう。

では、自分のホームページにたくさんお客さんが来て欲しい場合は、どうしたらいいのでしょうか?
せっかくいいデザインの立派なホームページができたのに、検索で出てくるのは大手企業ばかり…歯がゆい思いをしたことがあるでしょうか。
もちろん打つ手はあります。検索システムのことは検索システムに聞けばいいんです。

本当のSEO(1) BLOGを書く

2つの並んだ喫茶店があるとします。どちらのお店にも看板が出ていますが、
片方のお店の看板には「喫茶店A 自信のあるおいしいコーヒをお出しします」と書かれています。
もう片方のお店の看板には「喫茶店B 本日新しい豆入りました!最後の1滴まで美味しい挽きたてコーヒーです」と書かれています。
見比べてみた時、喫茶店Bの看板のほうがはるかに効果が高いですよね?
検索システムも同じ評価を下します。最新の情報、役立つ情報が詳しく書かれているページには、高い評価を付けてくれます。
最近の検索システムはとても優秀です。人間並に、その文章に価値があるかどうか考えて判断します。
価値の高い情報を、常にBLOGという形で更新し続けることで、お金を掛けてSEOするより格段に強いSEOを施すことができるんです。

本当のSEO(2) スマートフォンに対応する

検索システム最大手のGoogleは、去年こんなBLOGを公開しました。

Google公式BLOG

ちょっと専門的な内容が書かれているので、かいつまんで内容を書くと

”スマートフォンでも、PC版向けホームページと同じ情報が見られなければ、そのサイトの評価を下げます”

ということが書かれています。
例えばこういうホームページは検索順位が下がるということです。

  • Flashを使っているホームページ(ほとんどのスマートフォンにはFlashが入っていないため、見ることができません)
  • スマートフォン版のサイトはあるけど、PC版より情報量が少ないホームページ
  • どのページをスマートフォンで開いても、TOPページに飛ばされてしまうホームページ

惜しいことに、熊本の企業様のホームページでもこういったホームページは多々見られます。
CUBEが”レスポンシブデザイン”を強く押しているのはこのためです。
(レスポンシブデザインとは?)

スマートフォンサイトもかなり緻密に作りこめば評価を上げることはできますが、PC版・スマートフォン版、別々のホームページを制作するのも、維持するのも手間とコストが掛かります。
その点レスポンシブデザインは、1つのページでPCもスマートフォンにも対応しており、手間もコストもかからず、しかもPCページ・スマホページが分散して評価を受けることもありません。

レスポンシブデザインこそSEOの点で最もコストパフォーマンスに優れたホームページデザインということができます。

 

本当のSEO(3) 検索システムが読みやすいページにする

ちょっと専門的な話になりますが、

検索システムは、”クローラー”というプログラムが世界中のホームページを閲覧し、どういった内容が書かれてるのか判別を行い、検索順位を決めています。

最近では大変頭のよくなったこの”クローラー”というシステムですが、やはりプログラムと人間の目では見る物が違うため、ホームページを作る段階で「クローラーが読みやすいホームページ」として形作らなければなりません。

最近ではだれでも簡単にホームページを作れるソフト等が流通していますが、プロの作ったページと、ソフトを使って個人が作るページ、見た目は一緒だとしても、一番の違いはここにあります。
CUBEではもちろん、SEOに強い形になるよう検索システムのガイドラインに沿って、クローラーが読みやすいページを作成しています。
実際CUBEにて制作頂きました企業様のホームページも、軒並み検索順位の向上を見ております。安心してお任せください。
以上が、

”現在本当に効果があるSEO”です。

見ていただければ分かる通り、実は「検索順位を上げたいならば、ホームページそのものの価値をあげましょう」という単純なことなのです
検索システムも日々進化しています
お金を払ってリンクを買う、大量のキーワードを散りばめる等、不自然な手法でのSEOは今後どんどん対策を取られてしまうでしょう。
これらのことは、ホームページを制作する会社なら当たり前に知っているべきことではあるのですが、残念ながら未だに昔の方式でSEOを行っている業者は数多く存在している状況です
CUBEでは、SEOのご相談を受けた際には、お客様の事業に関して詳しくヒアリングをさせていただき、

そのホームページを見に来た人がどういう情報を求めておられるのか、徹底的に分析し、

ホームページそのものの価値を上げることで検索順位の向上を図っています。

まずはご相談頂くだけでも結構です、ホームページにお悩みの際は是非お問い合わせくださいませ!