LG G8X ThinQ|ソフトバンク店員から聞いたメリットとデメリット

こんにちはミヤザキです!

私事ではあるんですが8月になったら携帯の2年縛りが終わります・・・!

なので機種変更しようかなと思ってふとiPhone、android問わず色々調べてたわけです。それも電気店なんかにも行ったりして。
そしたら興味をそそられるandroidがあったので是非皆さんにも知ってもらいたくて記事にしてみました!

今回ご紹介するのは「LG G8X ThinQ」というandroidは電気店に行った際に心優しいソフトバンクの店員さんがプライベートでも使っているということでメリット・デメリットを教えて下さいました
ということで今回は「LG G8X ThinQ」のメリット・デメリットを自分なりにまとめて皆さんと共有できたらなと思います。

 

LG G8X ThinQ のデメリット

3つのデメリット

・携帯性の悪さ
・ストレージが少なめ
・カメラ機能は他と比べると控えめ

LG G8X ThinQを買わない最大の理由は「携帯性の悪さ」です。

2画面で便利な端末ですが、つまり端末2台分の厚さ・重さがあるということであり、ポケットに入れると膨らみが気になるサイズです。

スマホにコンパクトさを求めており、携帯性を気にする人には向いていないでしょう。

スマホ本体を取り外しても使えますが、それではLG G8X ThinQを購入する意味は小さくなってしまいます。

他にもストレージの容量が小さいこともマイナスポイントです。スマホにデータを多く残したいと考えている人にとっては、物足りなさを感じます。

外部ストレージを利用できますが、スマホ本体のみにデータを集約したい人にはおすすめではありません。

カメラ性能に関しても、ハイスペックスマホではトリプルカメラが多い中デュアルカメラとなり写真好きにはおすすめではありません。

しかし、価格を考えればカメラ性能が一段階下がっているのは許容できる範囲とも言えます。

 

LG G8X ThinQ のメリット

3つのメリット

・2画面で他のスマホと操作感が違う
・ゲームがサクサク動く
・価格が抑え目でコスパがいい

LG G8X ThinQの最大の特徴は2画面であることです。スマホ本体のサイズは一般的なスマホと大差ありません。

しかし、LG G8X ThinQは2画面なので、通常よりも2倍の画面を楽しめます。

特に普段からスマホゲームを楽しんでいる人であれば、ゲーム端末と同じような感覚で遊べるので満足度は高いです。

搭載している機能は充実しており、動作も早く端末価格もそこまで高くないため、コスパが優れているモデルといえるでしょう。

容量に関してもmicroSDXCを最大512GBまで使えるので、外部ストレージを使って管理することに抵抗がない方であれば使いやすいモデルです。

 

LG G8X ThinQの評価【スペック編】

サイズ・インチ数

・サイズ 約164(幅)×166(高さ)×15.0(厚さ)mm(本体のみ:約76(幅)×160(高さ)×8.4(厚さ)mm)
・重量 約331g(本体のみ:約193g)
・インチ数 約6.4インチ

LG G8X ThinQはスマホ本体に2画面用のケースが一体となっています。

スマホ本体のサイズや重量は一般的なスマホと変わりませんが、ケースを付けることで合計約331gとボリュームが大きくなってしまいます。

約6.4インチの画面が2つあるので大きな画面を求めている人であれば、満足できるようなサイズ感です。

POINT:コンパクトなスマホを求めている人には向きません。通常のスマホと同じ感覚で持ち運ぶと邪魔になってしまうでしょう。

カラー

LG G8X ThinQのカラーはオーロラブラック1種類のみなので、自分の好きなカラーを選びたい人には向きません。

オーロラブラックは高級感と近未来的な雰囲気が漂うカラーリングなのでおしゃれです。

シンプルなデザインなので服装や持ち物などの色を気にする必要はなく、普段の生活に馴染みやすいです。

ストレージ

LG G8X ThinQのストレージ容量は64GBのみであり、大容量モデルはありません。

現在では256GBや516GBなどの大容量モデルが人気ですが、LG G8X ThinQの容量は小さいため、大容量を求めている人にとっては物足りなさを感じやすいでしょう。

外部ストレージの容量は最大512GBなので、別途microSDXCを用意する必要がありますが、容量が少なくて悩んでいる人は外部ストレージを使うことで解決できます。

ディスプレイ

LG G8X ThinQのディスプレイは以下の通りです。

・表示方式は有機EL
・解像度が2340×1080ドットのフルHD+
・本体・LGデュアルスクリーン(サブ画面)のどちらも同じスペック

2画面の両方とも同じ品質のディスプレイなので満足度は高いといえるでしょう。

さらにLGデュアルスクリーン(サブ画面)は目的に合わせて360回転するので、使い方の幅が広いです。

画面を閉じたままでも、カバーディスプレイに時刻やメッセージ通知を表示できるので、手軽に確認できます。

性能

・SoC:Snapdragon 855
・OS:Android9
・RAM:6GB

LG G8X ThinQでは高性能なSnapdragon 855チップが使われており、処理が多いゲームでもストレスなくプレイできます。

もちろんゲーム以外の処理速度も高速であり、ハイスペックなモデルといって問題ありません。

 

LG G8X ThinQの評価【機能編】

2画面

LG G8X ThinQのディスプレイは大きく解像度が高いなどスペックが高いだけでなく、2画面あるため、満足度が高いです。

サブ画面は360度回転するので、誰かに画面を見せたいときにも便利でしょう。

特にスマホゲームをするときは2画面分でプレイできるだけでなく、横方向でプレイするゲームの場合だとゲーム画面とコントローラー画面に分離するため、ゲーム専用端末と同じように遊べます。

スマホでゲームをする機会が多い人におすすめですが、2画面なのでバッテリーの消耗が激しいので注意してください。

カメラ

LG G8X ThinQのカメラのスペックは以下の通りです。

・メインカメラ:デュアルカメラ(約1200万画素+約1300万画素)
・サブカメラ:約3200万画素
・ライト・オートフォーカス:対応
・手ブレ機能あり
・動画最大撮影サイズ:4K(3840×2160ドット)

LG G8X ThinQはカメラの性能も高いため便利に利用できます。

メインのカメラは最近人気がある「デュアルカメラ」であり、ピントの調整を行いやすく、有効画素数も高いです。

手ブレ機能があるため撮影技術がない人でも綺麗な写真を撮影しやすいのも大きな魅力です。

サブカメラの画素数も3200万画素と高く満足度が高いです。

テレビ

LG G8X ThinQはワンセグ・フルセグの両方に対応しており、高解像度かつ大画面のテレビを楽しむことができます。

LG G8X ThinQは大画面を活かした機能が充実しているので満足度が高いです。

防水

LG G8X ThinQは防水機能を搭載しており耐久性が高いモデルです。防水だけでなく防塵・耐衝撃性能も高いので、長く使いやすいでしょう。

しかし、サブ画面は防水や防塵に非対応なので、取扱いに注意してください。

性能

・SoC:Snapdragon 855
・OS:Android9
・RAM:6GB

LG G8X ThinQでは高性能なSnapdragon 855チップが使われており、処理が多いゲームでもストレスなくプレイできます。

もちろんゲーム以外の処理速度も高速であり、ハイスペックなモデルといって問題ありません。

 

LG G8X ThinQの評価【価格編】

LG G8X ThinQの価格は「55,440円」です。

2画面で便利にスマホを使用する幅が広いだけでなく、耐久性やカメラ、フルセグなど機能が充実しています。

それにも関わらず5万円台で購入できるため、価格面での評価も高く、「コスパが高いモデル」として人気です。

ソフトバンクでは、24回払いと48回払いから選べます。

24回払い:2,310円×24ヵ月
48回払い:1,155円×48ヵ月

2年間使うと考えたとしても、月々の端末料金は2,310円と安いため、購入しやすいです。

 

まとめ コスパが良い LG G8X ThinQ

さて、いかがでしたでしょうか、こんな話を2時間ほど立ち話で話してました笑。

2画面の特徴的な構造をしたLG G8X ThinQは、ディスプレイの性能以外にも機能が充実しており、5万円台で購入できるのでコスパが良いです。

大画面で処理が速いハイスペックなモデルを求めている人は、ぜひLG G8X ThinQを使ってみてください。自分も検討中……….