新製品&新サービス登場!Appleイベント 発表内容まとめ

こんにちはミヤザキです!

ついに!ついに来ましたね!
今年のApple新作発表会が!!!!
とても期待が高まる情報がたくさん発表されたので振り返りも兼ねて情報をまとめながらご紹介しようと思います。

 

Appleは現地時間9月15日(日本時間16日)、スペシャルイベントをオンラインで開催し、新製品のApple Watch Series 6、Apple Watch SE、iPad(第8世代)、iPad Airを発表しました。噂されていた新型iPhoneやAirTagsはいずれも発表されませんでした。

また新サービスとして、Apple WatchとiPhone、iPad、Apple TVを連携させて取り組める新たなフィットネスサービス「Apple Fitness+」と、Apple Music、Apple TV+などの定額サービスをまとめた「Apple One」がお披露目しました。

iOS14、iPadOS 14など次期OSの正式版は、イベント翌日の9月16日にリリースされました。

 

Apple Watch Series 6:新機能の血中酸素濃度測定、ブルーなどの新色も

Apple Watch Series 6は、血中酸素濃度測定が可能になる新たなセンサー、常時表示ディスプレイなどを搭載しています。バッテリー持続時間は18時間のままですが、新たに急速充電に対応し、90分未満でフル充電できるようになりました。

カラーはゴールド、シルバー、ブルー、スペースグレイ、(PRODUCT)RED、グラファイト、スペースブラック(チタン・ステンレスケースのみ)とカラフルなラインアップになりました。ケースは44mm、40mmから選べます。

価格は税別42,800円からで、16日より注文受付を開始し、本日より出荷されます。環境への配慮から、今回のApple Watch新製品にはUSB電源アダプタが同梱されないと発表されています。

 

Apple Watch SE:基本的な機能で求めやすい価格に

新たに追加されたApple Watch SEは、Apple Watch Series3よりも最大2倍の速さとなるS5チップを採用し、Series 6と同じ加速度センサー、ジャイロスコープ、コンパス、高度計などを搭載しています。転倒検出機能や緊急SOS機能にも対応。

カラーはシルバー、ゴールド、スペースグレイの3色で、ケースは44mm、40mmから選べます。Apple Watch Series 6から搭載される血中酸素濃度アプリには対応していませんが、GPS+Cellularモデルではファミリー共有設定に対応しています。

価格は税別29,800円からで、16日より注文受付を開始し、本日より出荷されます。

 

Apple Fitness+:より快適なトレーニングができる新フィットネスサービス

「Apple Fitness+」は、Apple Watchと、iPhoneやiPad、Apple TVを連動させて取り組める新フィットネスサービスです。ヨガやサイクリング、ダンス、室内ウォーキング・ランニングなど、さまざまなエクササイズが提供されます。

iPhoneやiPad、Apple TVで行いたいワークアウトを選ぶと、Apple Watchのワークアウトアプリが自動的に開始し、測定値をリアルタイムでワークアウトを見ている画面上に表示します。

サービス提供開始時はオーストラリア、カナダなど一部の国のみで、日本は対象外となっています。料金は月額9.99ドル、年払いの場合は79.99ドルで、Apple Watchを購入すると3カ月間は無料で利用可能です。後述するバンドルサービス「Apple One」にも含まれます。

 

Apple One:音楽、テレビ、ニュース…便利なサービスをひとつに

「Apple One」は、Appleが提供する各種サービスをまとめてお得に利用できる新プランです。従来は個別にサブスクリプション契約していたApple Music、Apple TV+、Apple Arcade、Apple News+、iCloudと、新サービスApple Fitness+をまとめて利用できます。

プランは個人、ファミリー、プレミアの3種類で、この秋より個人プラン、ファミリープランが世界100以上の国・地域で提供開始されます。なおプレミアブランは、Apple News+が利用可能な国のみでの提供です。

3プランで共通するのはApple Music、Apple TV+、Apple Arcadeで、個人プランは共通サービスとiCloud(50GB)がセットで月額14.95ドル(日本では1,100円)、ファミリープランはiCloudが200GBになり月額19.95ドル(同1,850円)、プレミアプランはiCloudが2TBに、そしてApple Fitness+が含まれて月額29.95ドルとなっています。

 

iPad(第8世代):処理速度・グラフィック性能など進化、3万円台から

10.2インチのiPad(第8世代)は、第7世代モデルのデザインを踏襲しており、A12 Bionicチップを搭載したことにより従来モデルよりも処理速度、グラフィック性能がアップしました。

アクセサリではフルサイズのSmart Keyboard、Apple Pencilに対応。カラーはスペースグレイ、シルバー、ゴールドの3色で、ストレージは32GB、128GBから選べます。価格は税別34,800円からで、16日より注文受付を開始し、本日より出荷されます。

 

iPad Air 4:Touch IDを電源ボタンに内蔵、新色含む5色ラインナップ

10.9インチのiPad Airは、指紋認証Touch IDが本体上部のトップボタン(電源ボタン)に組み込まれました。プロセッサは業界初となる5nmプロセスのA14 Bionicチップを搭載し、従来モデルから処理性能が向上しています。

USB Type-C端子を採用し、iPad Pro向けアクセサリのApple PencilやMagic Keyboardなどが利用できます。

カラーはシルバー、スペースグレイ、ローズゴールド、グリーン、スカイブルーの5色で、ストレージは64GBと256GBから選べます。価格は税別62,800円からで、10月発売予定です。

 

iOS14など次期OS:現地時間9月16日に正式版リリース

iPhone、iPadなど各Apple製品向けのメジャーアップデートとなる次期OSは、現地時間9月16日に正式版をリリースすると発表されました。リリースに先駆けて開発者と登録ユーザー向けに、ゴールデンマスター版がリリースされています。

各OSの詳細は6月に開催されたWWDC20で発表されているため、今回のイベントでは簡単なおさらいとして紹介されていました。

 

新タイプApple Watchバンドなどアクセサリ新製品も続々

イベントではApple Watch新製品とあわせて、新しいApple Watch向けバンド「ソロループ」「ブレイデッドソロループ」も発表されました。バックル(金具)などがない新しいデザインで、ユーザーの手首にフィットするよう9つのサイズが用意されています。

既存のApple Watch向けバンド各種にも、新色や新パターンが追加されています。

 

さて、いかがでしたでしょうか、個人的には胸が熱くものばかりでした。
特にiPad Airについては性能が格段に上がっているのでいずれiPad Air第4世代とiPad Pro第2世代の性能比べた記事も出そうかと思います。