8/10は道の日

8月10日は道の日。 1920年(大正9年)のこの日に、「日本初の近代的な道路整備計画」が決定された日だそう。建設省(現在の国土交通省)道路局が1986年(昭和61年)に制定。

こんにちは、的場です。 Instagram(@yuma_toba)で投稿する写真の編集作業が追いつかず、意味無く焦っています。
若者を中心に生活に欠かせなくなっているSNS。もちろん若者だけではなく、全世界中老若男女問わず生活において非常に身近になっていることは間違いないでしょう。

TwitterやInstagram、Facebookなどをはじめ様々なサービスが存在しており、今やスマートフォンやパソコンを使う人なら触れない人の方が少ないと言っても過言ではないはず。
SNSとはソーシャル・ネットワーキング・サービス(Social Networking Service)の略で、登録された利用者同士が交流できるWebサイトの会員制サービスのことです。友人同士や、同じ趣味を持つ人同士が集まったり、近隣地域の住民が集まったりと、ある程度閉ざされた世界にすることで、密接な利用者間のコミュニケーションを可能にしています。最近では、会社や組織の広報としての利用も増えてきました。
– 総務省 国民のための情報セキュリティサイト より引用(https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/basic/service/07.html)

SNSを利用し、自分のホームページだったり会社・企業のホームページに誘導する方法も今やスタンダード。最近では特別ホームページを持たずにSNS単体でもビジネスができるようになって、目まぐるしく動いているSNSの世界。
私もInstagramに写真を投稿しているので一番身近なSNSとして普段使っているが、このInstagramにはショッピング機能というシステムがある。
このショッピング機能、Instagramのアカウントをビジネスアカウントに切り替えれば、ほぼほぼ誰でもInstagramで商品が売れるようになる。大手の会社でも、様々なブランドのアパレルを販売するZOZOTOWNやインテリア雑貨を展開しているFrancfrancなどがこのショッピング機能で成功している。
ビジネスアカウントであれば個人でも運用することができ、ハンドメイドの作品や、自分が撮った写真だったりその写真をアパレルに展開し販売している人もいる。今年に入って「BASE」とも連携することが出来るようになり、更に充実している印象が。
このショッピング機能はInstagram単体では商品の購入は出来ないが、販売元のECサイト等にワンクリックで直接飛べるので非常に効率の良いシステムになっている。Instagram内の投稿で見た商品をスムーズに購入できる導線があるので、集客効果がものすごく期待されているこの機能。SNS→ECサイトまで1クッションも置くことなく、1クリックで行動が出来るのは大変便利な機能。Instagramのメインユーザーである10代~30代が、普段ECサイト等インターネットを通じて商品を購入している人が多いため、特に躊躇する事もなく自然に利用できるのでここまで広まったともいわれている。

Instagramでは直にECサイトの購入ページへリンク出来るが、その他それぞれのSNSでもECサイトやホームページへリンクさせる活用法も様々。
TwitterしかりInstagramしかりFacebookしかり、無料で広告が出来るというシステム自体画期的であったのに、数年もしないうちにものすごくスピードでここまで発展していくWebの世界は他の世界には無い面白くもあり、怖いところでもある。
ここまでくると数年後にはECサイトやホームページの機能が問われ、SNSに食われそうな気もするのは私だけでしょうか。
1つ間違えば大炎上し、人権そのものが問題になるSNS主体のこの世の中。
娯楽やショッピング、ビジネスなど便利な機能がほとんどですが、SNS含め膨大なインターネットの世界は考えなければならない事ばかりです。